ヒルドイドの副作用

ヒルドイドの効果と成分

ヒルドイド

ヒルドイドは、マルホ株式会社から販売されている皮膚保湿剤です。
保湿作用のほか血行をよくする働きがあります。皮膚のかさつきやアトピー性皮膚炎のスキンケアに用いることもあります。

 

ヒルドイドの成分はヘパリン類似物質です。マルホのヒルドイドには、軟膏、スプレー、ローションの3タイプがあります。使用部位に合わせて使い分けることができます。副作用が少なく使いやすい保湿剤です。写真は、ヒルドイドローションです。


ヒルドイドの副作用と使用方法

ヒルドイド

ヒルドイドは、副作用が少ない薬ですが、皮膚に発疹や発赤、かゆみを生じることがあります。症状が出た場合は、使用を中止し医師に相談しましょう。目や傷口には使用できません。

 

ヒルドイドの用法は、通常、1日1回〜数回適量を患部に塗擦するか、ガーゼなどにのばして使用します。厚塗りは厳禁、1度に多量を塗らないように注意しましょう。医師や薬剤師に支持された使用方法に従いましょう。ヒルドイドの保管方法は、直射日光や高温、湿気を避けて保管してください。


肌を痛めない抑毛剤とは?

ムダ毛をカミソリで毛を剃ったり、除毛剤を使うと肌荒れが酷い、皮膚を傷めてしまうという人にお勧めの方法があります。抑毛剤というローションタイプの化粧水を使う方法です。除毛剤や脱毛ローションには、肌荒れの原因となるような成分がたっぷり入っています。化学薬品で毛を溶かすわけですから、肌が強い人でないと肌荒れを起こしても不思議ではありません。抑毛剤は皮膚に潤いを与え保護しながら、毛を薄くしていきます。抑毛剤は低刺激なので、子供でも使える安全性です。抑毛剤は毛穴に浸透し、時間をかけてムダ毛を薄くしていくローションです。数週間あるいは、数ヶ月かかってしまうのが抑毛剤の欠点といえますが、メリットの方が勝ると考えられます。最近では除毛剤よりも、抑毛剤を選ぶ人が増えてきているようです。もちろん、抑毛剤は女性だけでなく男性も使えますよ。最近では男性でもムダ毛を気にする人が増えていますからね。ややマイナーな商品なので、抑毛剤は通販での購入が便利ですよ。

 

関連サイトの紹介 抑毛剤 通販

コントロールジェルMEの効果はどう?

前回の記事で抑毛剤を紹介しましたが、今回は具体的な商品にクローズアップしてみましょう。コントロールジェルMEという評判の良い抑毛剤があります。コントロールジェルMEはローションというよりは、少し粘度のあるジェルタイプになります。プッシュポンプで適量を手に取り、腕や足などムダ毛が気になる部位に塗ります。もちろん、男性のヒゲにも使えます。抑毛効果が実感できるまでに数ヶ月程度の時間がかかりますが、時間の経過とともに着実に効果を感じることができるでしょう。コントロールジェルMEは除毛クリームやローションと違って、毛が薄くなる効果が実感できるまで時間がかかるのがデメリットです。その分、ジェルの刺激は弱いので、肌が荒れなくてすみます。毛が薄くなるので、仕上がりが自然なのもいいですね。後から生えてくる毛が薄いので、コントロールジェルMEを使い続ければ抑毛の効果は持続します。途中で使用をやめないで、コントロールジェルMEを使い続けましょう。

 

参考になるサイト コントロールジェルME 効果


美容整形の歴史